お問い合わせ ご相談  025-211-2213


「音楽」で感動のおもてなしを!

笛人本宮宏美をはじめ新潟に拘り各ジャンルで独自活動を展開するアーティストをキャスティング。
コンサート・イベントの実施件数は500以上を超え、信頼のパフォーマンスをお届けしています。
イベント、式典、周年記念、叙勲記念、竣工記念、納涼祭、コンベンションの他、ディナーショー、学校での音楽鑑賞会まで、多方面へ音楽の感動をご提供。
音響設備、ステージ設営まで含め、会場における音空間をトータルでプロデュースいたします。


笛人本宮宏美 フルーティスト-ソングライター

詳しい情報はオフィシャルサイトでご覧下さい↓

Call now 025-211-2213




田村優子(篠笛/歌手)

篠笛奏者、狩野泰一氏に師事、2013年よりプロ活動スタート。
懐かしい叙情歌を日本の伝統楽器篠笛で優しく奏で、歌うスタイルは、今までにないスタイルとして注目される。

2016年10月 初のシングル曲【佐渡蛍】をリリース。
作詞/藤沢周氏(新潟市出身 芥川賞作家)
作曲/狩野泰一氏(佐渡在住篠笛奏者)
美しい歌詞と、切ない篠笛のメロディーにより、佐渡蛍の儚い世界観が表現されている。

2017年、香港での演奏、2018年ハワイ ホノルル公演実施。
UXドラマ『霊魔の街』に女優として出演。

Call now 025-211-2213





チェリスト大石航アレンジによる弦楽四重奏〜デュオ

クラシックを基調としながら、アニメソングやポップス定番曲を取り入れ、独自アレンジで解りやすく馴染みやすいスタイルで演奏。
チェロは、「人の声に最も近い楽器」と言われ、声にしたら男性的で非常に渋く、太く、暖かい優しい声。
そのイメージを元に、弦楽四重奏をベーシックスタイルとしながら、デュオ、トリオでの構成、またフルートやピアノとの構成までフレキシブルにご案内。

新潟交響楽団、新潟チェロアンサンブル、新潟リング・アンサンブル所属。
2015年より、毎回燕市文化会館大ホールにて、笛人本宮宏美CDリリースライブにゲスト出演。

<編成例>
・弦楽四重奏 1stヴァイオリン 2ndヴァイオリン ヴィオラ チェロ
・弦楽デュオ ヴァイオリン チェロ
・フルート&チェロ
・ピアノ&チェロ

Call now 025-211-2213





ルゥ-Ruu-(ウクレレシンガー)

心の奥底に染み入るような透き通った声を、ウクレレ又はギターの素朴なサウンドに乗せて歌うウクレレ シンガーソングライター。
2013年夏より、日本各地を歌いながらまわる旅をはじめる。
自身の歌を通して沢山の人と繋がりを持ち、また人と人とが繋がるきっかけとなることを目指す。
♪ 2015 年9 月にミニアルバム「水無月の陽」をリリース。
♪ 2016 年8 月にシングル「トキ また会おうね」をリリース。
佐渡に滞在し、佐渡のミュージシャン、スタッフと共に製作した朱鷺、自然、そしてこどもたちへのメッセージ。
CD 売り上げの一部を、トキや佐渡の自然を保護する施設、団体へ寄付。

「TOKI I'm Here For You」
2018年6月リリース
NECOYOUBI
制作 オトノハコ
ame

Call now 025-211-2213





カズミン・ドット・コム(フォークデュオ)

アコギで歌う夫婦デュオ。
アコースティックギターのサウンドを基調に、息のあった抜群のハーモニーで会場を魅了。
フォーク系を中心としながらジャンルを問わない幅広いレパートリーが持ち前。
プロアーティストのオープニングアクト(鈴木トオル、猫、斉藤哲夫、六文銭 ‘09吉川忠英、石川鷹彦等)を務めた実績多数。
‘08年 NIIGATAフォー ク・ジャンボリーを主宰、以来毎年好評を博し、以来絶賛継続開催。
‘10年8月米国ロスアンゼルスで開催の日系二世フェスティバルのステージイベントに 出演。

担当番組 ラヂオは〜と 石ちゃん☆Kazmin' ミュージック・アワー

2人のメリーゴーランド
2016年10月26日リリース
KDCM-16101 オフィスどっとこむ
制作 オトノハコ
ame

   

Call now 025-211-2213





舘恭介&トラッド・ソウル(アコースティック トリオ)

2010年“寅っ年にソウルフルな唄を!”という舘 恭介のLIVE活動30周年を期に結成。
3ピースのシンプルな編成で、オリジナルからカバーまでジャンルを問わない変幻自在なアコースティックサウンドは、行く先々で大好評を博し「トラ☆ソル」の愛称で親しまれる。
2012年ファーストCDを、2018年にはにセカンドアルバムを全国リリース。
曲を“ネタ”と呼び参加オーディエンスの声や拍手も「トラ☆ソル」の重要なアンサンブルと捉え、常に笑いの絶えないLIVEエンターテインメントを追求。

TROUBLE TRAVELIN' MEN
2012年10月6日リリース
HRCR-001 HARICO Records
制作 オトノハコ
ame

Call now 025-211-2213





吉田睦&阿部泰比古カルテット(ジャズ)

吉田睦(よしだむつみ)
東京都内にてSoul、R&B、Jazz系のバンド、ユニットでメインボーカルを務めた後、2016年から渡米。
サンノゼ、ニューヨークでライブ&セッションを展開。
帰国後、「吉田睦&Sekt」「吉田睦&The Goldens」などのバンド活動を新潟発信で開始。
2009年 1stアルバム「Dressin’ up !」を、2016年2ndアルバム「Black & White」をリリース。
2012年 日本屈指のギタリスト布川俊樹とのデュオユニット「Found」を結成、アルバムをリリース。
2016年 東京銀座の老舗ジャズクラブ「銀座スウィング」に出演。
現在、吉田睦のプロデュースも手がけるサックスの阿部泰比古を中心としたメンバーで、オリジナルを始めスタンダードからお馴染みの曲にジャズアレンジを施した曲を交え、ライブ・コンサート活動を行う。

Call now 025-211-2213





おばんざい(ジャズ)

サックス、ギター、ドラムのジャズトリオ。
アニメのテーマソングやJポップなど、様々なジャンルの曲をおばんざいJAZZ風アレンジでプレイ。

聴きやすくキャッチーなメロディーと、即興性を伴うスリリングな演奏スタイルが特徴。
子どもたちをものせてしまうスウィング感で、オーディエンスを引き込んでいくライブステージが好評。

Call now 025-211-2213





オトノハコ サウンドピース(アコースティックインスト)

アコースティックギター&ベース編成のインストユニット。
しっとりとしたサウンドを聴かせながらも、熱く盛り上がる入魂のプレイ。
それぞれが著名ミュージシャン・アーティストとのライブ共演や楽曲提供等長年の音楽活動をバックボーンにもち、その3人がアコースティックスタイルの新境地を開くべくユニットを結成。
懐かしいお馴染みの曲から、最新のオリジナル楽曲を交え大胆な独自アレンジでライブステージをお届け。

<ash>(アッシュ) ギター 新潟県加茂市出身
東京で元MOJO CLUB の三宅伸治(忌野清志郎バンドギタリスト)と活動。
その後shuとともにロックバンド、アコースティックユニット「slow」等の音楽活動を展開。
現在、笛人本宮宏美プロデューサー、ギタリスト。
ライブ共演アーティスト:三宅伸治、和佐田逹彦(爆風スランプ)、桑野信義(ラッツ& スター)、新井武士(ダウンタウンブギウギバンド)大塚まさじ、加川良等。(敬称略)

<寺尾敬博>(てらお たかひろ) ベース 新潟県新潟市出身
ロックバンド「sun's company」のベーシストとして、北島音楽出版より2 枚のメジャーアルバムをリリース。
ベーシストとしてはもとより、TV・ラジオCM の制作を手がけ歌ものを中心にアイドルからよさこい、演歌 まで多ジャンルの作曲家、アレンジャー、レコーディングエンジニアとして活動。
現在、笛人本宮宏美サウンドプロデューサー、ベーシスト。

<坂井崇人>(さかいたかひと) ギター 新潟県新潟市出身
ブルース、ロック〜ジャズ〜トライバルまで幅広い演奏スタイルで様々なレコーディング、ライブツアー、数多くのセッションを行う他、CM 制作、サウンドプロデュースやコンポーザーとしても活動。
本宮宏美に書き下ろした「けやき通り」がTV番組のテーマ曲に起用され、作曲家としても注目を集める。

【プロデュース、レコーディング、楽曲提供CD例】
voice/笛人本宮宏美
OTHC-10035 Otonohako Records
制作 オトノハコ
ame

Call now 025-211-2213






Call now 025-211-2213
Mail info@otonohako.co.jp
Fax 050-3737-1849