2018-9kansho.jpg

音楽鑑賞会・芸術鑑賞会・アウトリーチ
オトノハコ スクールプログラム

「感動の音楽体験を!」

左足に障害をもって生まれたため運動が出来ず、体育の授業は見学だけ、それであれば音楽家になろうと幼い頃に決意した本宮宏美。
フルート奏者がセンターに立ち、自ら創作するオリジナル曲を歌うように奏でる独自のスタイル「フルーティスト-ソングライター=笛人」として新潟発信に拘り活動し、本年記念すべき10作目のCDをリリース。
近年お陰さまでNHKをはじめ多くの全国放送テレビ番組、ラジオで楽曲を採用していただいております。
「挫折を繰り返しながらも夢を追う素晴らしさ」「好きで始めたことが今の仕事に」等のお話・体験談を交えた、感動のコンサートパフォーマンスを、是非上記はもとより周年記念事業、PTA事業、合唱コンクール時のゲストコンサート、さらにはキャリア教育の一環の講演企画としてご検討下さい。

<例) 新潟大学、三条高等学校他、県内小中学校他全50校以上>

本宮宏美

フルート奏者 新潟県燕市出身 同市PR大使
新潟県立三条高校 新潟大学教育人間科学部卒
いじめ見逃しゼロ県民運動サポーター
新潟日報朝刊コラム「明日へ奏でる」を2年間執筆
ドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」の音楽担当(2014年)
新潟県文化祭2018のメインイベント「国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭」300日前イベントに出演(2018年)
「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」フィナーレ・閉会式に出演(2018年)

編成

フルート/本宮宏美
アコースティックギター/ash
エレキベース/寺尾敬博
及び必要音響機材一式

クラシックでもジャズでもなく、解りやすいメロディーを歌うように、バンド編成で演奏する非常に珍しいスタイルでお届け。
自らの体験話を交えた「講話+生演奏」コンサートスタイルが好評です。
各楽器紹介のコーナーもあり。
必要な音響機器を含めたトータルパッケージでご案内いたします。

<オプション>
・各学校様の校歌演奏
・照明を付加してより本格的ステージングの組み立て
・リズム楽器、弦楽器、エレキギター等編成にさらなる厚みを加えた構成

print.png