お問い合わせ ご相談  070-6555-2910

商号
Trade Name
オトノハコ 株式会社
OTONOHAKO CO.,LTD.
オフィス所在地
Headquarters
〒 950-1102 新潟県新潟市西区善久799番地2
799-2, Zenku, Nishi-ku Niigata-shi, Niigata, 950-1102, Japan
オトノハコ スタジオ アッシュ
Otonohako Studio ash
〒 959-1372 新潟県加茂市本町3-2
3-2, Honcho, Kamo-shi, Niigata, 959-1372, Japan
電話
Phone
070-6555-2910
ファックス
Fax
050-3737-1847
法人番号
Corporate Number
6110001010766
日本音楽著作権協会JASRAC
JASRAC
0783236424
オフィシャルサイト
Website
http://otonohako.co.jp/
メールアドレス
E-Mail address
クリックorタップで表示
フェイスブック
Facebook
http://facebook.com/otonohako
設立
Founded
2010年11月1日
November 1, 2010
資本金
Capital
300万円
3 million yen
代表取締役
CEO
笠原 厚浩
Executive producer Atsuhiro Kasahara
サウンドプロデューサー
Sound producer
寺尾 敬博
Sound producer Takahiro Terao
オトノハコレコード
Otonohako Records
笛人 本宮 宏美 >> オフィシャルサイト
Flutist-Songwriter Hiromi Motomiya
ディレクター
Directer
布施 豊
Yutaka Fuse
デスク
General affairs
里村 みゆき
Miyuki Satomura
提携アーティスト
Tie-up artist
小島健弘(バイオリン奏者)
大石航(チェロ奏者) >> ご案内ページ
田村優子(篠笛奏者) >> オフィシャルサイト
カズミン・ドット・コム(アコギで歌う夫婦デュオ) >> オフィシャルサイト
舘恭介&トラッド・ソウル(LIVEエンターテインメント) >> オフィシャルサイト
ルゥ-Ruu-(ウクレレシンガー) >> ご案内ページ
吉田睦&阿部泰比古カルテット(ジャズ) >> ご案内ページ
おばんざい(ジャズ) >> ご案内ページ
提携ミュージシャン
Partnership
Roku(舘 恭介&トラッド・ソウル パーカッション)
坂井崇人(ギタリスト) >> オフィシャルサイト
事業内容
Description of business
・オトノハコレコード(OTONOHAKO RECORDS JAPAN)
 コンパクトディスク、ビデオなどの原盤の企画・製作
 オトノハコレコード アーティスト
 笛人 本宮宏美 >> オフィシャルサイト

・音楽出版事業/JASRAC権利者コード 0783236424
 音楽著作権の管理及び音楽著作物の利用の開発
・アーティストキャスティング、コンサートプロデュース、イベント企画制作
・音楽鑑賞会・芸術鑑賞会企画制作
・レコーディングスタジオ運営/録音・音楽制作サービス
・楽曲・音楽制作/ブランドミュージック、イメージソング、オリジナルソング等
・テレビ番組楽曲、映画音楽、CMソング、サウンドロゴ等の制作
・CDプレス、CD制作、音楽配信
・オンラインショップ/CD・DVD・グッズ等の販売
・ステージプロダクト/音響反射板企画・販売
・音響・PAサービス
・音楽教室、ミュージックスクール

音楽と音のトータルソリューション

<経営理念>
1.心を豊かにする新潟発独自音楽を提供し続けます。
2.お客様に音楽と音の感動をお届けし続けます。
3.音楽を通して関わる全ての人たちの幸せな絆を深め続けます。
4.音楽を通して地域と社会に貢献し続けます。

元々、自身は百貨店に28年ほどお世話になっておりました。
48歳の時に、全国で早期退職の話が持ち上がり退社、人生で初めて看板を失うという虚無感のなか気づいたことは、「仕える事」すなわち人のお役に立つ事が仕事であるということ。
自身を濾過、棚卸ししてみたところ、そこに唯一残ったのが中学から続けてきた「音楽」でした。
その「音楽」で人々のお役に立てる事を生涯の仕事としたい、という想いで、2010年にオトノハコを立ち上げました。
オトノハコ代表取締役 笠原厚浩




代表取締役
音楽コーディネーター・ギタリスト・コンポーザー
1961年生まれ 新潟県加茂市出身。
新潟県立三条高校、東京経済大学卒業。
◆ミュージシャン(ギタリスト)名 ash(アッシュ)
 中学時代、双子の従兄の影響でギターそして作詞、作曲を始める。
「日本」「sky」「EAZY ACTION」「クックロビン」「THE ROBIN」「S-Factry」「Baby Dolls」「B-Dolls」等のバンド遍歴。
18歳大学時代、東京で元MOJO CLUBの三宅伸治(元忌野清志郎バンドギタリスト)と活動を共にする。
新潟に帰省後、作詞家、ナレーター、シンガーソングライターのshuと、アコースティックユニット「slow」を結成。
1995年、ファーストCD 「slow 1st」をリリース。以降、通算3枚のアルバムを発表。
1999年、声優でもあり俳優の大塚明夫氏とshuとのユニットにギターで参加。
現在、笛人本宮宏美のギタリスト・コンポーザー。 ライブ等共演アーティスト:三宅伸治(忌野清志郎バンドギター)、和佐田逹彦(爆風スランプ)、桑野信義(ラッツ&スター)、新井武士(ダウンタウンブギウギバンド)、大塚まさじ、加川良、中川イサト、西野やすし、ナポレオン山岸(スターリン)等。(敬称略)

◆その他の活動
□ オーディオと音楽のFMラジオ番組「ベターサウンドライフ」
 2016年6月〜10月まで FMPORT
アルテックランシングファンサイト by ash >>
 USAのスピーカー、音響機器メーカーアルテックに惚れ込みファン的見地から立ち上げた50ページに及ぶエッセイと資料的サイト。

マッキントッシュ インマイライフ >>
 ウインドウズ全盛の頃からアップルのマックを愛用。その遍歴と想いを綴り続けたエッセイ。
ash ギター >>
 ギブソン系アコギを中心とした「偏った」ギターコレクションと想い。
くるま(117クーペ) >>
 自称117 Coupe 愛好会エリア代表。5台を乗り継ぎ再生産を望み続けるも、十数年筆が止まったまま。



ベーシスト・サウンドプロデューサー・アレンジャー
1970年生まれ 新潟県新潟市出身。
1997年ロックバンド「sun's company」のベーシストとして、北島音楽出版より2枚のアルバムをリリース。
新潟県地産地消キャンペーンソング「いなかぐらし」、新潟お笑い集団NAMARAとFMポートDJのヒロエとのデュエットソング「にいがたおもっしぇわね音頭」、絵本作家サトシンとのコラボ「おてて絵本のうた」等のテーマソングを作曲、制作。
Negiccoベストアルバムに収録「sky」の作曲に関わり、編曲も担当。
数々のTV、ラジオCMの制作を手がけ歌ものを中心にアイドルからよさこい、演歌まで多ジャンルの作曲家、アレンジャー、レコーディングエンジニアとしての手腕を発揮。

2010年、オトノハコを立ち上げメンバーとして、取締役及びサウンドプロデューサーに就任、制作部門を統括。
ディレクション、アレンジ、レコーディングエンジニアも努め、直近では映画「夢は牛のお医者さん」のオリジナルサウンドトラックをはじめ通算30タイトル以上のCDをサウンドプロデュース、そしてベースをプレイ。
燕市よさこい「舞燕」、新関コミュニティ協議会「ふるさと新関」等地域密着のオリジナルソング、TVCMソング及び楽曲、企業ソング、放送用サウンドロゴを制作。
2014年、大成建設ハウジング「パルコンファミリー」音源制作。

笛人本宮宏美のサウンドプロデューサー及びベーシスト、アレンジャー、レコーディングエンジニアとして10タイトルのCD及び配信限定シングル含め80曲以上の制作を手がける。
そのほかのアーティストを含めレコーディング・音楽制作に携わった楽曲は500曲以上にのぼる。



笛人=フルーティスト・ソングライター
1984年、aprilfool生まれ。洋食器産業の街、新潟県燕市出身。同市PR大使。
中学時代よりフルートを始める。
フルートがボーカルのようにセンターに立ち、歌うように奏でるスタイル。
クラシックでもジャズでもない、ブルースやソウルを感じさせるその音楽性は聴きやすくも深く心に沁み入る世界観を表現し、「笛人」ジャンルと言われる独特の音楽を創出。
そのスタイルもさることながら、世界的にも稀なフルートによるオリジナル楽曲のCDを10枚リリース。

リリースしてきたオリジナル楽曲の数々は、NHKをはじめ、多くのキー局テレビ番組での採用・選曲が相次いでいます。
2013年より新潟日報コラム「明日へ奏でる」を2年間執筆担当。
2014年、約4万人の聴衆が集った日本海夕日コンサートに出演。
2015年、彌彦神社御遷座100年奉祝奉納音楽『むすび』に出演。
2016年、神宮球場にてヤクルト-阪神戦で始球式に登板及びフルート演奏。
2016年 世界初形状「総アルミ削りだしCDケース」採用ベストアルバムリリース。
2017年、ザ・フルート スタイル vol.3(アルソ出版)にてインタビュー記事掲載。
2018年、国民文化祭おおいた2018閉会式フィナーレに出演。
2019年、世界的チェロ奏者 フランツ・バルトロメイ氏と共演。
 (国民文化祭特別連携事業 真柄ふれあいコンサート)
リリースアルバムなど詳しくは笛人本宮宏美オフィシャルサイトへ! >>

<2010年>
■ 11月1日 オトノハコ株式会社設立
<2011年>
■ 2月 爆風スランプベーシスト和佐田逹彦氏のベースクリニック及びライブを新潟市で主催
■ 3月 「東北地方太平洋沖地震チャリティーライブ」主催/収益の全額を新潟県加茂市役所へ寄付
■ 4月 フルート奏者、笛人本宮宏美ユニットスタート
■ 7月 「新潟・福島豪雨チャリティーライブ」主催
■ 9月 笠原厚浩、第4回 地方革命 新潟カルチャーサミットにて公演/津田大介氏等と登壇
■ 10月 オトノハコに比企理恵さん来社/インタビュー記事がカンパニータンク誌に掲載
■ 12月 本宮宏美、初のオリジナルCD「息吹」リリース
<2012年>
■ 3月 「大震災チャリティーライブ」主催/収益の全額を日本赤十字社へ寄付
■ 5月 初の音楽コンテスト「Niigata Power 扉を開けろ!」主催/グランプリは高橋亜矢子が獲得
■ 5月 初の音楽セミナー主催/特別講師:村田努氏(プロデューサー)、shu氏(作詞家、ナレーター)
■ 10月 笠原厚浩、新潟経営大学「経営トップセミナー」にて講演
■ 10月 月乃光司・本宮宏美のハートエナジー FM12曲ネットのラジオ番組開始
■ 10月 舘恭介&トラッド・ソウルCD「TROUBLE TRAVELIN' MEN」発表
■ 10月 Niigata Power 扉を開けろ!グランプリ高橋亜矢子マキシシングル「テーブルに花」リリース
■ 12月 笛人本宮宏美、セカンドCD「輝」/英語ジャケット版「Shining Flute」同時リリース
<2013年>
■ 1月 NST正月特別番組「ドリーミング」で川合俊一さんとの対談含む笛人本宮宏美の特集放映
■ 1月12日付け 笛人本宮宏美アルバム「輝」(Shining Flute)がアマゾンMP3ダウンロードワールドミュージックで第一位獲得
■ 6月 Niigata Power 扉を開けろ!2013主催/グランプリはティム・ジャナコス
■ 9月 笛人本宮宏美 新潟日報コラム「明日へ奏でる」連載開始。
■ 12月 笛人本宮宏美3rdアルバム「響」(ひびき)リリース
■ 12月 笛人本宮宏美発の公式グッズ、鎚起銅器の「玉川堂」ぐい呑み限定発売
■ 12月 NST開局45周年記念番組 遥かなる古代の空へテーマ曲笛人本宮宏美「古の響」放映
<2014年>
■ 1月 新潟テルサにてJA新潟観光主催コンサート。出演 笛人本宮宏美 森昌子
■ 2月6日付け 配信限定シングル笛人本宮宏美「古の響」(NST特別番組テーマ曲)アマゾンMP3、2ジャンルに於いて第一位獲得
■ 3月 TeNY制作ドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」のオリジナルサウンドトラックをプロデュース
  笛人本宮宏美4枚目のアルバムとしてリリース

■ 4月 新潟県産牛乳ラジオCM曲制作/笛人本宮宏美楽曲民放3局でオンエア開始
■ 4月 オリジナルオーディオセット「オトノハコスペシャルセレクション」発表/オトノハコ meets ソロットオーディオ
■ 6月 新潟アルビレックスBC戦大成建設ハウジング協賛GAMEにて笛人本宮宏美スタジアムライブ及び国歌、県民歌斉唱
■ 8月 3万8千人が集った2014日本海夕日コンサートに笛人本宮宏美スペシャルユニットで出演
■ 9月 「メディアシップ」×「アウディ」笛人本宮宏美オータムコンサート/協力:オトノハコ
■ 10月 笛人本宮宏美フルートコンサート in 無形文化財 鎚起銅器玉川堂/協力:オトノハコ
■ 10月 燕市PR大使ふるさとコンサート 笛人本宮宏美、キラー・カン、上杉香緒里出演/共催:オトノハコ
■ この年、大成建設ハウジング株式会社様住宅事業45周年事業にて、札幌から福岡まで全国10カ所での笛人本宮宏美ライブ
大成建設ハウジング×オトノハコ限定製作の「笛人」チャリティーTシャツの売上を、2015年開催の第3回国連防災世界会議へ寄付
<2015年>
■ 2月 オカリナマコト(名古屋)初のソロアルバムレコーディング
■ 4月 笛人本宮宏美5thアルバム「天真爛漫」リリース
■ 4月 NST「N-STYLE〜彩りの大地〜」番組テーマ曲制作 笛人本宮宏美「ear of rice」
■ 9月 笛人本宮宏美ライブDVD「ふるさとコンサートvol.3」リリース
■ 9月 ハイレゾ試聴会開催 主催ソロットオーディオ 共催オトノハコ 協力ヤマハ
■ 11月 日本音楽著作権協会(JASRAC)準会員となり、音楽出版業務を開始
<2016年>
■ 1月より、笛人本宮宏美の楽曲はNHKをはじめ、全国放送テレビ番組での採用が続く
■ 楽曲採用例一覧 >>
■ 6月 音楽は良い音で!をコンセプトとしたラジオ番組「ベターサウンドライフ」スタート FMPORT by ash
■ 10月「カズミン・ドットコム」初のフルアルバムCD発表
■ 11月 笛人本宮宏美ベストアルバム&ママに捧げるセレクトアルバムリリース
■ ベスト盤プレミアムエディションは世界初形状「アルミ削りだしCDケース」採用
<2017年>
■ 5月 録音スタジオ体験 レコードとハイレゾ試聴会開催
■ 7月 保坂裕一ファーストシングル「じぶんどき」リリース
■ 9月 笛人本宮宏美ニューアルバム「たなごころ」リリース
■ 11月 童家ファーストシングル「こぶたのへりこぶた」リリース
■ 11月 NHK-ラジオ深夜便にて笛人本宮宏美新曲3曲オンエアー
<2018年>
■ 1月 山口会計パートナーズ様ブランドソングCD「運がいい」
■ 3月 ザッキーファーストアルバム「青春群像」
■ 6月 ホテル小柳様オーディオ機器セレクト&プロデュース
  アナログレコード鑑賞会を継続実施
■ 7月 chan-Kファーストアルバム「beginning」
■ 8月 笛人本宮宏美記念すべき10作目のニューアルバム「voice」リリース
■ 11月 笛人本宮宏美「国民文化祭 300日前イベント」新潟県民会館出演
■ 11月 笛人本宮宏美「国民文化祭おおいた2018」閉会式・フィナーレに出演
<2019年>
■ 1月 桜井明ファーストアルバム「ポトフ」
■ 2月 笛人本宮宏美「JR東日本現美新幹線10万人達成車内コンサート」出演
■ 3月 加藤和幸1stアルバムリリース
■ 9月 オトノハコステージプロダクト第一弾
    移動式木製音響反射板「OTHC-500」発表 >>
    日本経済新聞掲載 >>
■ 10月 笛人本宮宏美「ココロノ目」リリース ■ 10月 笛人本宮宏美 世界的チェロ奏者 フランツ・バルトロメイ氏と共演
  (国民文化祭特別連携事業 真柄ふれあいコンサート)
■ 12月 加藤和幸セカンドアルバム「君想う故郷 〜我が心の寺泊〜」
■ 12月 キャリアカーUFO(富山)ファーストアルバム「デート」
オトノハコ株式会社
〒 950-1102
新潟県新潟市西区善久799番地2
新潟ふるさと村駐車場となり
>> Googleマップで見る
オトノハコ スタジオ アッシュ
〒959-1372
新潟県加茂市本町3-2
加茂山公園及び青海神社麓 宮大門交差点
>> Googleマップで見る