2017streaming.jpg

定額制の音楽配信(聴き放題)サービス

Apple Music アップルミュージック
iOSとの親和性の高さがApple Musicの強みですが、Androidにも対応しています。
iOSユーザーなら、iTunesで購入した音楽をまとめて管理できるなどのメリットは見逃せないものです。
楽曲数は約3,000万曲となっていますが、国内向けは数百万曲ともいわれています。
音質ビットレート:最大256kbps 月額料金(税込):980円

Spotify スポティファイ
2008年スウェーデンで開始された音楽配信サービスで1億人を超えるユーザーを持ち、世界最大手と言われています。
2016年11月、国内でもサービスが開始され楽曲数は4,000万曲以上でこの面でもトップ。
無料プランは広告が入ったりしますが、かなり使えるといった印象です。
音質ビットレート:最大最大320kbps
月額料金(税込):980円 / 無料プラン

AWA アワ
エイベックス・グループとサイバーエージェントが手掛ける音楽配信サービス。
特徴はユーザーが作ったプレイリスト群で、自分のプレイリストを公開する等ソーシャル的にも楽しめます。
PC用のクライアントが用意されているのもメリットと言えます。
月額無料で月20時間聴ける「Freeプラン」もあり、楽曲数は約3,000万曲。
音質ビットレート:最大最大320kbps
月額料金(税込):960円 / 無料(Freeプラン)

Google Play Music グーグルプレイミュージック
広告で目にする機会も多いものですが、比較的新しく3,500万曲以上を誇り、当然のことながらGoogle全般との親和性が高いのが特徴と言えます。
YouTubeサービス全般の有料会員サービス「YouTube Red」と共通になっていて、国内では今後となりますがGoogle Play Musicの課金ユーザーは、それだけでYouTube動画を広告なしやオフライン、バックグラウンドで再生したり、オリジナル番組を視聴したりできるようになるようです。
音質ビットレート:最大最大320kbps
月額料金(税込):960円 / 1480円(家族プラン)

LINE MUSIC ラインミュージック
お気に入りの曲をLINEの友だちにシェアできる機能が特徴的で、シェアされた曲やアルバムやプレイリストは、トーク画面やタイムラインから聴くことができます。文字やスタンプに加え、音楽でもコミュニケーションできるのが大きな魅力。
楽曲数は2,000万曲以上で、洋楽系ラインアップも増えているようです。
音質ビットレート:最大最大320kbps
月額料金(税込):1,000円(プレミアムプラン)/500円(ベーシックプラン)

その他、国内配信では大手の >> レコチョクBEST、台湾発で2,000万曲以上を配信中の >> KKBOX、そしてアマゾンが始めた >> Prime Musicなどもあり、ここ数年で日本でも音楽の聴き方が多様になってきています。

従来からのダウンロード系もご紹介していきますと、レコード会社直営の音楽ダウンロードサイト >> レコチョク、WALKMAN®公式のミュージックストアで高音質の >> mora、ヤマハミュージックメディアが運営する >> MySound.jp、NTTドコモとレコチョクが共同で運営する >> dミュージック powered by レコチョク、そのほか >> music.jp STOREなどがありますが、楽曲数的には上記配信サービス系の一桁少ない曲数といったイメージです。
さらにサービス側がユーザーが指定したアーティストやアルバムを分析して、最適な曲を自動レコメンド再生する「ラジオ型音楽ストリーミングサービス」なるものもあり、dヒッツ powered by レコチョクやうたパス、スマホでUSENなどがこのカテゴリーであります。

以下、ご覧の画面上で笛人本宮宏美の各楽曲が試聴できます!by Apple Music